女性必見!生理前の2週間がニキビの予防週間

女性特有の原因としてニキビの発生は生理によるホルモンバランスの乱れとされています。ホルモンバランスはニキビと深く関係しており、ホルモンバランスが分泌される時期を把握することでニキビ対策ができます。

 

“黄体ホルモン”と呼ばれているプロゲステロン、“卵胞ホルモン”と呼ばれているエストロゲンの2種類のホルモンが女性ホルモンです。生理が始まる2週間前は黄体ホルモンが活発化し、お肌の脂質が目立ちます。

 

黄体ホルモンは男性ホルモンに近いので生理前になると過剰にイライラしたり、短気になるという症状が現れるのです。生理前のお肌はこの黄体ホルモンの分泌により敏感になっているので過剰なケアは控えて下さい。

 

また、今までのスキンケアを変えるのもよくありません。
保湿を大事にしながらやさしい簡単なケアを行っていきましょう。

 

油がいつもより多く出ていると思うので比較的ローションも低刺激なものを使って保湿を心がけて下さい。逆に脂質を取り除きすぎるのもよくありません。1日最低2回までの洗顔を行い、できるだけお肌に刺激を与えないようにして下さいね。

 

この生理前の2週間の間、お肌のケアを気をつけるだけでニキビの発生率は低くなります。ホルモンバランス、周期を知ることでニキビを防ぐことが充分にできるので時期ごとにお肌のケアを分けることがとても重要なのです。


このページの先頭へ戻る